FFシリーズ  袋詰シール機 

自動袋詰シール機

FF-200WN

  • マイコン搭載
  • タッチパネル式
  • 水産
  • 農産
  • 菓子
  • 粉
  • 工業製品

写真はFF-200WN(写真はオプション仕様機です。)

主な特長

  • 従来の機種にくらべ、2倍の能力を持つ袋詰シール機です。
  • 機械操作はタッチパネル方式を採用しています。
  • 機械速度の変更はもちろん、その他にもトラブル発生箇所を自己診断し、その原因や対策の表示を行います。また、カウンタ・アワーメータ搭載によるプリセットカウンタやメンテナンス時期のお知らせ等、多彩なモニター機能を搭載しており、操作性が一段と向上しました。
  • フィルムリサイクル機能が標準装備で、空袋のロスを減らします。
  • 自動計量機、投入機との連動ができます。
  • タイミング調整は電子カムでできます。
  • 爪幅の調整はスイッチ1つでできるので、袋交換時の手間を省きます。
  • ヒーターが断線すると警報が出て、機械が停止します。
  • 給油箇所へは集中配管で、給油できるようにしています。(一部外給油)
  • 設置場所のライン優先でレイアウト可能な逆回転タイプFF-160WN-Lもシリーズ化しました。

主な仕様

FF-200WN
能力(袋/分) 20〜60
使用可能袋
/幅×長(mm)
80〜200×100〜320

※能力は品物により異なります。