FFDシリーズ  袋詰シール機 

自動袋詰シール機

FFD-230

  • マイコン搭載
  • タッチパネル式
  • 菓子
  • 粉

写真はオプション仕様機です。

主な特長

  • 平袋仕様とスタンドチャック袋仕様(オプション)の両用機能を持ちながらコンパクトなボディに抑えたことにより既存のラインにもピタリと収まります。
  • ステンレス仕様を標準としサニタリー、安全性を重視しました。
  • 多彩な袋形態に対応するため、標準袋箱と特殊袋供給装置(コンベアタイプ)がキャスタ式ワンタッチ交換可能となりました。(オプション)
  • スイッチ操作、袋セット、印字調整等の日常作業が1ヶ所でゆとりを持って行え、シールメンテナンス反転機構や充填部回収構造等、オペレーター目線に立ったヒューマンダイナミクス(人間工学)デザインを追求しています。
  • 低速〜高速域までの確実なメカニズムを生む自動追従機構と、定評のフィルムリサイクル機能により無駄のない安定した生産が得られます。
  • 温調、製品プリセット、モニタリング、メンテナンス等々が盛り込まれた見易く多機能なカラータッチパネルとなっています。

主な仕様

能力(袋/分) 平袋・スタンドチャック袋:20〜65
使用可能袋
/幅×長(mm)
平袋:100〜230×130〜380

※能力は品物・充填量により異なります。