FFDシリーズ  袋詰シール機 

大袋用製袋包装機

FFD-380BⅡ

  • マイコン搭載
  • タッチパネル式
  • 菓子
  • 粉

写真はFFD-380A

主な特長

  • ロール製袋方式の採用によりラミネート材はもちろん、ポリエチレン包装も抜群の安定性、一環生産を実現。
  • 商品替えが驚異の短時間(1〜2分)。多品種小ロット生産にも最適。
  • フィルム、印字、本機調整部の各変更がプリセットにより完全自動化されました。
  • シャフトレスボビン、包材の蛇行修正装置、頭出し、尻出しの切り替え、残量払い出し装置、対話式タッチパネルによる簡単操作の実現
  • 進化したインパルスシールにより、ポリ単体からラミネート材まで幅広く使用できます。
  • 脱気・ガス包装、バーコードシステム。(オプション)

主な仕様

FFD-380BⅡ
能力(袋/分) 10〜16(5kg包装時)
使用可能袋
/幅×長(mm)
200〜380×280〜600(ロールチューブ)

※能力は品物により異なります。