FVFシリーズ  真空包装機 

業務用袋詰真空包装機

FVF-8-260N

  • マイコン搭載
  • 農産
  • 畜産

FVF-8-260N(写真の搬出コンベアはオプションです)

主な特長

  • 空袋の供給は従来からのコンベア方式に加え、横ズレ防止のガイドを付け、ポリエチレンからラミネート袋まで、より安定した供給を実現しました。
  • 真空ボックス内での袋保持は吸盤方式の採用により、袋幅の変更に伴うわずらわしい調整を不要としました。
  • インバータ方式の制御、コンピュータによるカム設計により機械の動きがよりスムースになり、従来機に比べ能力アップを実現しました。
  • ヒーター線、テフロンテープの交換時、また内部洗浄時、真空ボックスの開閉をワンタッチにする事でメンテナンスが容易になりました。材質も耐食性アルミ合金を採用しています。
  • 真空ボックス開閉時、衝撃を吸収する構造になっており、スムースかつ静かです。
  • フレームと真空ボックスの間を従来より広くし、フレーム全面にステンレスカバーを装着。掃除、洗浄性が向上しました。
  • 自動計量機、投入機との連動ができます。

主な仕様

能力(袋/分) 15〜22
使用可能袋/幅×長(mm) 200〜250×280〜380

※能力は品物・真空ポンプにより異なります。